女性のための避妊

トリキュラーが海外で爆発的な人気を誇っているのは、2つの理由があります。
まず1つ目は、避妊率が非常に高いという点です。トリキュラーは女性が毎日服用する必要がありますが、正しく服用さえしていれば避妊率は100%だといわれています。コンドームと比べても、圧倒的に高い避妊率だといえるでしょう。
トリキュラーは女性が服用するだけで良いので、男性の意思に関係なく避妊が行えます。コンドームは男性が着用する避妊具なので、男性に断られた場合は避妊になりません。特にコンドームは男性器に覆いをかぶせますので、どうしても快感が減少してしまいます。トリキュラーなら女性の体の内側から避妊を行いますので、快感を損なうことなく行為が行えます。男性から嫌がられることもないので、コンドームのように男性を気にして避妊ができないということもありません。結果的に、非常に高い避妊率になるのです。
2つ目の理由は、トリキュラーに副作用がほとんどないという点です。
トリキュラーは女性の体を疑似妊娠状態にし、卵巣を休眠させることによって避妊効果を得ます。これは特殊な薬品などを利用しているのではなく、女性の体に本来備わっている機能での避妊なので、女性の体に悪影響を与えません。長期間にわたって服用ができますし、もし避妊を止めて妊娠したくなった場合は服用を止めるだけですぐに妊娠をすることができるようになります。
強いて言うなら軽い吐き気や腹痛などの副作用が生じることもありますが、それらはすぐに収まります。それどころか、トリキュラーは女性ホルモンのバランスを整えますので、生理の症状が軽くなり、ニキビや肌荒れなどの症状も軽減されることがあります。
日本でも、避妊ではなく生理軽減のためにトリキュラーを服用する方がいるほどで、女性にとってメリットがたくさんある避妊薬だといえます。

個人輸入で簡単に

ここまで優秀なトリキュラーが日本で流行していない理由は単純で、日本では手に入りにくいからです。
海外では普通の薬局で販売されているトリキュラーですが、日本では産婦人科でしか取り扱っていないので、手に入れるのが非常に面倒だといえます。
避妊は女性にとってデリケートな問題なので、わざわざ病院に行くのは気が引けてしまいます。その結果、薬局でも簡単に購入ができるコンドームに頼る方が多いのです。
本来は病院までもらいに行くべきであるトリキュラーですが、実は病院に行かずに購入できる方法があります。それが個人輸入です。

日本の法律では、海外の薬を個人的に利用する目的で輸入することは認められているので、トリキュラーも海外から輸入することができます。
海外から輸入する方法なら誰にもバレずにこっそり購入することができますし、薬の価格も産婦人科よりも安くで手に入りますので、利用しない手はありません。
海外から個人輸入する方法については、手続きを代行してくれる通販サイトを利用しましょう。個人輸入の代行通販なら、普通の通販と同じ要領でトリキュラーの購入ができますので、簡単かつ内密に避妊を行うことができます。
気を付けていただきたいのは、自分で使う分しか注文できないということと、商品の到着が普通の通販よりも遅れがちということです。薬がなくなってから通販で注文するのでは遅いので、薬の効果を切らさないためにも計画的な注文を行いましょう。
この二点だけ気を付ければ、非常に便利に利用できますので、今すぐにでも購入してみましょう。

どのピルが良いの?

個人輸入の代行通販では、様々な種類にピルが扱われていますので、どれを購入すればいいのか悩んでしまうかと思います。ここでは各種ピルの詳細を紹介しますので、自分に合ったものを選らんで購入しましょう。
最初に、先ほどから紹介しているトリキュラーです。トリキュラーは低用量ピルという種類のもので、毎日服用することによって妊娠しにくくするものです。各種ピルの中でも、最も避妊率の高いものになっていますので、使うならトリキュラーが一番オススメです。
ちなみにトリキュラーは商品名で、他にも様々な商品名の低用量ピルが存在しますが、トリキュラーが日本で一番有名で、副作用も少ないといわれているので、とりあえずトリキュラーから使ってみましょう。

個人輸入の代行通販で人気のピルには、アフターピルというものもあります。アフターピルはその名の通り事後に使うピルです。
低用量ピルは行為の前に服用しておかなければならないのに対し、アフターピルは事後に服用しても効果を発揮する唯一の避妊方法なので、持っておいても損はないでしょう。
特に、コンドームをメインの避妊方法にしている方は、どうしても予期せぬ事故によって避妊が失敗してしまう可能性があるので、必ず持っておきましょう。
アフターピルは事後に使うものですが、タイムリミットは72時間になっていますので、事後に注文した場合は間に合わない可能性が非常に高いです。いつでも使えるように、事前に注文しておき、手元に置いておくことが重要だといえるでしょう。

最後に紹介するのは、超低用量ピルというものです。これは低用量ピルと同じように事前に服用しておく必要があるものですが、その成分は低用量ピルよりも弱くなっています。
避妊率は下がりますが、副作用も出にくくなりますので、トリキュラーでも副作用が強すぎるという方向けのものです。

このように三種類のピルがありますが、アフターピルはあくまで緊急手段ですし、超低用量ピルは避妊効果が期待できないので、やはり理想的なのはトリキュラーで常に万全の避妊を行うことだといえるでしょう。

優良業者の見分け方

トリキュラーを購入する際に気を付けていただきたいのは、業者選びです。個人輸入の代行通販は様々な業者がありますが、中には偽物を取り扱っているものや、商品の発送を行わない詐欺業者が紛れ込んでいる可能性もあります。そういったところの騙されないためにも、正しい業者の選び方について知っておきましょう。
まず、トリキュラーの相場を調べることが大切です。トリキュラーに限らず、個人輸入する薬には大体の相場があります。この相場を大幅に下回る場合は詐欺サイトの可能性が高いです。少しでも安いものを購入したい気持ちはわかりますが、あまりにも安すぎるものは注意しましょう。

トリキュラーの値段を確認した後は、必ず口コミについても確認しましょう。
個人輸入の代行通販サイトには、必ずといっていいほど口コミ機能がついています。この口コミ機能を見ることによって詐欺業者かどうかが大体わかります。
ネットの口コミは匿名で投稿できるので、利用者の正直な感想が現れやすいといえます。「商品の到着が遅い」や「アフターサービスがない」といったサイトは危険な可能性がありますので、なるべく評価のいいサイトを利用してトリキュラーを購入しましょう。
ちなみに、口コミを確認する際は、なるべく件数の多いものを参考にしましょう。件数が少ないものは業者の用意したサクラか、自分たちに都合の悪い口コミを削除している可能性があります。
評価数の多いサイトなら桜の可能性も低くなりますし、なにより優良サイトにはみんなが高評価を付けたくなりますので、信頼に足る情報だといえるでしょう。

自己責任で服用する

最後に肝に銘じておいていただきたいのは、トリキュラーを個人輸入して利用する場合は、自己責任になってしまうということです。
トリキュラーは副作用が少ないとはいえ、生じてしまう可能性は0ではありません。本来であればその時の注意事項を医師から聞いてから服用することになるのですが、個人輸入の場合は誰も教えてくれません。すべて自分で調べる必要があるのです。
個人輸入のサイトにはトリキュラーの飲み方、注意事項、副作用について詳しく紹介してくれていますので、普通の薬を服用する際よりも注意深く説明を読み込みましょう。
もちろんしっかり確認してから使えば安全に利用できるのですが、気を抜いていると思わぬ被害に遭う可能性もありますので、使用後の体調の変化にも気を付けておきましょう。

個人輸入の薬を利用している際に、重篤な副作用が生じた場合は、すぐに病院に行きましょう。ごくまれにですが、命にかかわる危険な副作用が生じることもありますので、少しでも異変を感じた際は病院に行く事をオススメします。
親切な個人輸入のサイトなら、どのような症状がどれくらい続いた場合は病院に行った方が良いかということも記載してくれていますので、それを見ながら病院に行くか決めるのが望ましいです。
病院に行く際は必ず服用した薬も持っていきましょう。素人の情報だけでは医師が誤解してしまう可能性もあるので、薬の本体をみえるのが最も手っ取り早い方法だといえます。
これは自分の命に係わる可能性のある問題なので、トリキュラーなどの個人輸入役を使う際は、十分に気を付けて利用しましょう。

個人輸入できるトリキュラーなどの薬は、用法用量さえ守れば基本的には安全だと思って良いでしょう。本当に危険な薬は個人輸入さえ禁止されていますので、トリキュラーなどは安心して使えるといえます。
ただ、薬は飲み合わせや体質の問題で何かしらの症状が出てしまう可能性も否めませんので、いつでも駆け込めるように家から近い病院はリストアップしておくと良いでしょう。